証券トレーダーになるには?必要な資格・年収・仕事内容まとめ

証券トレーダーは20代で年収1000万円を超える人もいる職業です。

日々、数千万円~1億円を超える莫大なお金を動かしている、華やかな姿に憧れる方も多いでしょう。

そんな証券トレーダーになるためにはどうすれば良いのでしょうか?

この記事では、証券トレーダーになるために必要な資格、証券トレーダーの年収推移&年収例、トレーダーの仕事内容など、証券トレーダーのなり方について解説します。

証券トレーダーになりたい方はぜひじっくりと読んでみてください。

金融系企業への就職【投資銀行&証券会社】

証券トレーダーになるには、投資銀行や証券会社などの金融系企業に就職する必要があります。

金融系企業に就職するためには、最低でも大学卒業以上の学歴が必要です。

ほとんどの場合、大学の学部や学科・専攻の指定はありませんが、実際にファンドマネージャーとして働いている人を見ると理系学部や経済学部・商学部の出身者が多いです。

また、大学院を卒業している人も多く、いわゆる高学歴の方が多く働いている職業と言えるでしょう。

金融企業の就職試験では、決断力や判断力、論理的思考力・何事にも動じないメンタルの強さ、そして当然ですが、社会や経済に対する興味や関心が求められます。

また、一般的には新卒採用で証券トレーダー職を募集する会社はほぼありません。

最初は総合職として採用された後に、トレーダーの適正・能力が判断されて適正ありな人材のみがトレーダー職として業務につくことができます。

金融工学やマーケティングを学んでいると、業務に活かせる面があるでしょう。大学院出身者も少なくないようです。

そんな金融系企業への就職ですが、年収や待遇の良さから就職先としての人気は昔から高く、ライバルが多い業界の1つです。

採用基準として、学歴重視の企業も以前として多く、東京大学や京都大学・早慶などの有名私立大学を出ているに越したことはありません。

ですが、採用基準は企業によってマチマチのため、興味のある会社にはダメ元でもチャレンジして見るのが大切です。そのような意欲の高い人材を評価する傾向が金融系企業にはあるのです。